J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年04月号

CASE.4 テンポスバスターズ 多様性が“自然”な職場年齢にこだわらず評価し、成長を促す 「戦力になるシニア」と働く

「従業員の3人に1人が60歳以上」。
高齢化社会の先端企業ともいえるのが、テンポスバスターズだ。
飲食業向けのさまざまな支援事業を行う。
2005年、厚生労働省・高年齢者雇用開発コンテストで部門別賞(能力開発部門)に入賞。
「何歳になっても成長したい」と思わせる、独自な人材育成を取材した。

残り:3,306文字

/

全文:4,133文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

伊藤航太 氏 人事総務部
テンポスバスターズ
1997年設立。連結売上高:145億(2012年4月実績)、連結従業員(パート、アルバイト含む):463名外食産業における設備・備品のトータルサプライヤーとして、厨房機器・用品の販売、店舗設計および、内装工事、店舗用不動産の紹介、人材派遣、リース事業、飲食店のFC本部立ち上げ、飲食店経営者向けにノウハウを伝えるスクールの開催など、開業支援サービスを行う。全国に45店の店舗を構える。
[取材・文]=西川敦子 [写真]=本誌編集部