J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年08月号

連載 人材教育最前線 プロフェッショナル編 全日本空輸 違いを尊重し、強みに昇華し相互に高め合う組織を創る

ANAには、総合職事務職、総合職技術職、特定地上職、運航乗務職、客室乗務職の5つの職種がある。さらに、グループ会社・関連会社が155社。グローバル競争が激しい業界では、すべての社員が力を結集する必要がある。そこでANAグループを担う人財を育成するために設立されたのが、ANA人財大学である。服部洋和氏は、ANA人財大学の設立時から活躍してきた人物。グループ会社、人事労務管理の調査・研究を行う外部機関への出向など、人材育成をはじめとした多くの経験とスキルを身につけてきた服部氏に人財育成と仕事に対する想いを伺った。

残り:3,372文字

/

全文:4,496文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


服部 洋和(Hirokazu Hattori)氏
1993年全日本空輸入社。大阪空港支店旅客部配属。1997年関西地区空港旅客サービス会社であるエーエヌエースカイパルに出向し、人事担当となる。その後、2002年人事労務管理の調査・研究機関への派遣、2006年関連事業室主席部員(管理職)等を経て、2007年ANA人財大学主席部員就任。2010年現職。現在に至る。

全日本空輸
1952年に日本ヘリコプター輸送として設立。国内最大規模の航空会社として、国内はもちろんのこと、アジア諸国、ヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国等の78都市に就航。1999年に航空連合スターアライアンスに加盟した。2012年に設立60周年を迎える。
資本金:2313億円、従業員数:1万2848名(いずれも2011年3月末現在)

取材・文/浅久野映子、写真/石原野恵