J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年04月号

CASE.1 あさ川製菓 雇用継続先進企業の知恵 高年齢の職人を導いてきた 会社の「期待」と「責任」

あさ川製菓は菓子製造で創業141年を数える老舗企業だ。
古くから高年齢の職人が活躍し、2006年(平成18年度)には、就業規則を改訂、99歳までの再雇用を打ち出している。
高年齢者を雇用する会社にはどんな視点が必要なのか。
代表取締役の桐村幸雄氏に話を聞いた。

残り:3,004文字

/

全文:3,755文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

桐村幸雄 氏 代表取締役
あさ川製菓
1872年(明治5年)創業。従業員数:271名。和菓子・洋菓子の製造を行う。素材を生かした菓子作りを理念とし、和菓子の「偕楽」「八菓撰」「偕楽の梅」「梅古木」は全国菓子大博覧会で数々の賞に輝く。古くから高年齢者を活用しており、平成21年度高年齢者雇用開発コンテストでは優秀賞を受賞。

[取材・文]=中村博昭、[写真]=中村博昭、あさ川製菓提供