J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年08月号

Column② ベテラン中堅社員の心に響く言葉とは ― 情緒的余裕を生み出すために ―

吉野 聡 氏 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 社会医学系 助教

物事を柔軟に捉える情緒的な余裕が必要

P36では、ベテラン中堅を取り巻く状況と、その中で彼らが生き生き働くうえで欠かせない「SOC(首尾一貫感覚)」について解説しました。

そのSOCを高めるために効果的な声かけが、上に掲げた「きっとうまくいくよ」という言葉です。

SOCとは、ある程度楽観的に「きっとうまくいくに違いない」と思える感覚。厳しい経営環境でも、高いストレス対応能力を持って生き抜く力です。たとえば、宇宙空間という特殊で過酷な環境で過ごす宇宙飛行士もSOCが求められます。宇宙飛行士選抜の最終精神科面接では次のような質問がされることをご存じでしょうか。

「桃太郎と浦島太郎の物語、あなたは直感的にどちらが好きですか?」

できればご自身の答えを決めて読み進めてください。

一見突拍子もない質問のようですが、実はこれ、心理学者の河合隼雄氏や精神科医の牛島定信氏が考案した、人間の本質を探る質問です。『桃太郎』は、鬼退治のために作戦を立て、雉や犬にキビ団子という報酬をあげてチームで攻め込むという、非常に戦略的な成功談。一方『浦島太郎』は、危険を顧みず亀を助け、竜宮城で呑めや歌えやの大宴会。最後には開けてはいけないとされた玉手箱を開けてお爺さんになるという、ファンタジーに満ちた物語です。

この質問で宇宙飛行士に選出される人とは――実は、「浦島太郎」と答えた人物です。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:691文字

/

全文:1,382文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!