J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年10月号

隔月連載 中原淳の学びは現場にあり! 第27回 地上400kmにある実験室を見守る JAXAフライトディレクタの学び

国際宇宙ステーション(ISS)に日本が開発、建設した実験棟「きぼう」。この「きぼう」の運用管制を行っているのが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の運用管制チームです。この400km上空の実験室を24時間365日見守り続ける運用管制チームを率いるフライトディレクタの育成について探るべく筑波宇宙センターを訪れました。

残り:4,071文字

/

全文:5,428文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中原 淳(Jun Nakahara,Ph.D.)氏
東京大学大学総合教育研究センター准教授。著書に『職場学習論』『経営学習論』『活躍する組織人の探究』『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長論』など多数。
Blog:http://www.nakahara-lab.net/blog/
TwitterID:nakaharajun

『JAXA有人宇宙ミッション本部 運用管制室』

[取材・文]=井上 佐保子 [写真]=眞嶋 和隆、JAXA提供