J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年08月号

CASE.1 アサヒビール 武者修行系研修のマネジャー育成効果 異業種への武者修行で得られる 次世代リーダーとしての学び

「武者修行研修」という、何とも勇ましいネーミングの研修を行っているのが、ビール業界大手のアサヒビールだ。次のリーダーとなる社内人材を、ビールとは縁もゆかりもない異業種に出向させ、1年間にわたって“鍛えてもらう”この制度。その制度を中心に、新任・若手マネジャーへの教育・支援策について話を伺った。

残り:3,319文字

/

全文:4,425文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

宮田 耕平 アサヒビール 人事部 担当課長
荒井 政徳 アサヒグループホールディングス 国際部門マネジャー

アサヒビール
1889年創業。「アサヒスーパードライ」を看板銘柄とするビール大手。2011年、持株会社「アサヒグループホールディングス株式会社」に移行し、酒類事業を現在のアサヒビール株式会社が受け継いでいる。
資本金:200億円、グループ売上高:約1兆5,791億円、グループ従業員数:1万7,956名(2012年12月期)


[取材・文]=熊谷 満 [写真]=アサヒグループホールディングス、ヤマト運輸提供、本誌編集部