J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年08月号

特集 “自分で育て”は無理な時代 新任・若手マネジャー成長支援の仕組み

氷河期世代である1970年代後半生まれの世代がマネジャーになり始めている。彼・彼女らは特に教えたり教えられたりした経験が少ない傾向にあるが、その一方でマネジメントと仕事の難易度は、どんどん上がっていく。職場にはミドルだけでは解決できない問題があふれている。もう“昇格後は自分で育て”という時代は終わった。新任・若手マネジャーが成長できるよう、企業が仕組みをつくって支援すべき時代が本格的に到来したのである。

残り:0文字

/

全文:0文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。