J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年08月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 「知は体で生かせ!」 “現場力”という会社の底力の鍛え方

トラック輸送、鉄道輸送、船舶輸送、物流センター等、物流を中心に幅広く事業展開するセンコー。流通、住宅、ケミカルの各業界向けの物流で抜きん出ているだけではない。「物流」の枠を越え、商流、流通情報といったあらゆる領域でソリューションサービスを提供し続けている。仕事に「枠」を設けず、イノベーションを起こし続ける独自の人材育成について、福田泰久社長に伺った。

残り:4,342文字

/

全文:5,789文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

福田 泰久(Yasuhisa Fukuda)氏
センコー 代表取締役社長
生年月日 1946年8月23日生
出身校 関西大学経済学部
主な経歴
1969年4月 入社
1993年4月 総合経営計画室長
1993年6月 取締役 就任
1995年4月 大阪統括営業部長
1997年6月 常務取締役 就任
1998年11月 第2営業本部長
2003年4月 ロジスティクス営業本部長
2003年6月 取締役副社長 就任
2004年4月 営業担当
2004年6月 代表取締役社長 就任
現在に至る

センコー
1946(昭和21)年7月の設立以来、自動車、鉄道利用、海上等の運送事業や、倉庫業等の各種許認可の取得、輸送体制の充実や拠点の拡充を図りながら積極的に事業展開。暮らしと産業を支える総合的な流通ソリューションの提供をめざす。
資本金:205億2,100万円、売上高:2,935億3,400万円、従業員数:8,889名(いずれも2013年3月期)

インタビュアー/西川 敦子 写真/太田 亨