J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年09月号

Column グローバルな突破力を持つ若きリーダーに聞く バングラデシュから始まる 世界を変える「最高の授業」

リアル版・漫画『ドラゴン桜』(三田紀房作)といえばピンとくる人もいるだろう。原作は落ちこぼれを東京大学に合格させる、元暴走族教師の話だ。
 世界には優秀な頭脳を持ちながら、貧困のため大学に行けない子どもが大勢いる。彼らを救おうと立ち上がったのが、e-Education Project代表の税所篤快氏。早稲田大学4年生、弱冠24歳が世界に支援の輪を広げている。
 若者たちが思わず惹き込まれる新しいリーダーシップ像を追った。

残り:3,171文字

/

全文:4,228文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

税所 篤快(さいしょ あつよし)氏
1989年東京都生まれ。早稲田大学在学中の19歳でバングラデシュに渡り、グラミン銀行の研究ラボ「GCC」で初の日本人コーディネーターになる。20歳で独立し、バングラデシュ初の映像授業を実施する「e-Education Project」をスタート。現地の大学生パートナーと協力して、貧困地域の高校生を国内最高峰ダッカ大学に入学させる。現在は仲間とともに世界各地でこの方式を広めようと、ヨルダン、ルワンダ、パレスチナ、フィリピンでの活動を開始。近著『最高の教室を世界の果てまで届けよう』(2013年、飛鳥新社)。

[取材・文]=西川 敦子 [写真]=税所 篤快 氏提供