J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

ここから始める!ポジティブメンタルヘルス 第6回 マネジメントでの対策: 管理者教育に組み込むマネジメント・コンピテンシー

依然として悩ましい職場のメンタルヘルス問題。“未然防止”が重要になる今、人事部門がどう考え方を見直し、動けばいいかを、すぐ使える具体的なツールも含めて紹介する連載です。

残り:2,744文字

/

全文:3,659文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

難波 克行(なんば かつゆき)氏
中外製薬 人事部エンプロイーサポートグループ/統括産業医
1974年生まれ。岡山大学医学部、大学院卒業。2004年から富士ゼロックスの専属産業医、2008年から中外製薬の統括産業医として勤務。東京大学大学院客員研究員、医学博士。著書に『現場対応型 メンタルヘルス不調者 復職支援マニュアル』(レクシスネクシス・ジャパン)、『職場のメンタルヘルス入門』(日経文庫)がある。

TOMH研究会とは?
2009年に発足した、「東京大学Occupational Mental Health」研究会。研究と実践領域の専門家が集まる。鍵となるテーマを検討・追究し、研究と実践の橋渡しを通じて、働く人全てのメンタルヘルス向上と、専門職のレベルアップに役立つノウハウの蓄積を行う。

[イラスト]=NLshop/shutterstock.com