J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年12月号

連載 ここから始める! ポジティブメンタルヘルス 第8回科学的根拠に基づいた効果的な人材育成研修の進め方: 認知行動療法の活用法

依然として悩ましい職場のメンタルヘルス問題。“ 未然防止”が重要になる今、人事部門がどう考え方を見直し、動けばいいかを、すぐ使える具体的なツールも含めて紹介する連載です。

残り:2,579文字

/

全文:3,439文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

川上 憲人(かわかみ のりと)氏
1957年岡山県生まれ。1985年、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。以来、産業保健と精神保健の研究・教育に従事。東京大学助手、岐阜大学助教授、岡山大学教授を経て2006年から現職。日本産業保健学会等、数々の学会の理事を務める。

関屋 裕希(せきや ゆき)氏
福岡県出身。早稲田大学文学部心理学専攻卒業、筑波大学大学院人間総合科学研究科発達臨床心理学分野博士課程終了後、2012年より現職。博士(心理学)、心理学修士、臨床心理士。認知行動療法を基礎とした労働者向けの教育研修プログラムの開発に取り組む。


TOMH研究会とは?
2009年に発足した、「東京大学OccupationalMental Health」研究会。研究と実践領域の専門家が集まる。鍵となるテーマを検討・追究し、研究と実践の橋渡しを通じて、働く人全てのメンタルヘルス向上と、専門職のレベルアップに役立つノウハウの蓄積を行う。

[イラスト]=NLshop/shutterstock.com