J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年04月号

CASE.2 全社を挙げての語学啓蒙活動 10年先を見据えて自己啓発を促す中国語人材育成

世界各地でエンジニアリングビジネスをリードする日揮。同社では、2012年に「中国語/中国ビジネス啓蒙活動」を全社を挙げてスタートした。今後のビジネスにおいて、強固となるであろう中国との関係性を見据えてのことだ。「中国語人材育成」という経営からの要請に、チームワークで応える事務局メンバーから話を聞いた。

残り:3,668文字

/

全文:4,891文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

荒谷 秀明 氏 事業推進プロジェクト本部 管理チーム マネージャー
笹原 勉 氏 営業本部 中国・環境事業開発部 部長代行
高野 明日香 氏エンジニアリング本部 管理チーム マネージャー
片桐 雄一郎 氏 経営統括本部 人事部 人材育成担当課長

日揮
1928年創業の総合エンジニアリング会社。各種プラント・施設に関するコンサルテーション、事業計画、機材調達、建設工事、オペレーションなどプロジェクトの計画からメンテナンスまで行う。北京、ジャカルタ、パリなど10カ所に海外事務所、15カ国に海外子会社を持つ。
資本金:235億1,118万円、売上高:6,246億円、従業員数(連結):6,927名(いずれも2013年9月30日現在)

[取材・文]=木村 美幸 [写真]=日揮提供、本誌編集部