J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年04月号

OPINION 1 「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」への転換 世界的価値連鎖の時代

なぜ、語学力が必要なのか。なかなか本気で学習に取り組めない人が多いのは、世界の変化を肌で実感できない人が多いからではないか。トップコンサルタントとして、日本と欧州で活躍してきた琴坂氏に「グローバル化」の意味と、語学が必要な理由、人事の役割を聞いた。

残り:3,278文字

/

全文:4,371文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

琴坂 将広(ことさか まさひろ)氏
立命館大学経営学部国際経営学科准教授。マッキンゼー・アンド・カンパニー(日本・ドイツ)を経て、オックスフォード大学経営大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経営学)を取得。2013年度より現職。近著に『領域を超える経営学-グローバル経営の本質を「知の系譜」で読み解く』(ダイヤモンド社)などがある。

[取材]=西川 敦子 [写真]=琴坂氏提供