J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年06月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 「教育を受ける機会は均一に、教え方は個別に」を実践する

一人ひとりと向き合い、個々の適性に合った教育を与える――。ヤマト運輸 人事総務部課長の江原 美江氏が何より大切にしていることである。社員を会社の財産=「人財」と考え、「人を尊重」することを基本精神の1つとするヤマト運輸。そんな中で江原氏は、“日本各地に点在するどの営業所に配属されても教育を受ける機会は等しく、しかし、育て方は一人ひとり異なる”体系づくりをめざしてきた。「一律では育てたくない」。取り組んできた全ての施策には、江原氏のこの想いが生きている。

残り:3,276文字

/

全文:4,368文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人事総務部 課長
江原 美江(Yoshie Ehara)氏
入社後、北九州支店に配属。1995年小倉東営業所所長代行、翌96年同所長に就任。その後、九州支社マネジャー、北九州主管支店ベース長、佐賀主管支店長、宮崎主管支店長、徳島主管支店長を経て、2012年人事総務部課長。現在は企業風土改革を通して人材育成に携わる。

ヤマト運輸
1919年創立。宅急便・クロネコメール便を中心とした一般消費者・企業向け小口貨物輸送サービス事業を展開。2005年持株会社制に移行し、ヤマトホールディングス傘下の中核事業会社となる。
資本金:500億円、売上高(HD連結):1兆374億6100万円(2014年3月期)、社員数:15万6877名(2013年3月15日現在)

取材・文・写真/髙橋 真弓