J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年06月号

CASE.3 古河電気工業 部門内の人材育成について皆で考えさせるOJT制度

古河電気工業の「OJTリーダー制度」は、ただの新入社員教育ではない。新入社員の教育を通して、リーダーの育成と職場の育成力、組織力強化などを同時に行うという取り組みである。その仕組みと工夫とは。

残り:2,840文字

/

全文:3,786文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

上原 正光 氏 総務・CSR本部 人事総務部 人財育成(採用・教育)担当部長

古河電気工業
1884年創業。1974年に世界で初めて光ファイバケーブルの製造に成功し、世界トップクラスメーカーとして情報化社会通信網の構築を支えている。事業分野はケーブル、半導体、デバイスなど情報通信事業から自動車、エネルギー、金属分野まで多岐にわたる。
資本金:693億9500万円、連結売上高:9247億1700万円(2013年3月期)、連結従業員数:5万342名(2013年3月末現在)

[取材・文]=高橋 テツヤ(又隠舎) [写真]=本誌編集部