J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年06月号

CASE.1 博報堂 自ら考え主体的に行動する「自分ごと」を身につけるOJT

博報堂では2007年頃から、OJTの改革に着手してきたが、そのキーワードとなったのは「自分ごと」という言葉だ。社内では、自ら考え主体的に行動する「自分ごと」という言葉がしばしば用いられてきた。この「自分ごと」の意識を身につけさせるため、数年かけて新入社員OJTの仕組みを再構築した。その取り組みをまとめた『「自分ごと」だと人は育つ』(日本経済新聞出版社)を上梓した人材開発戦略室の白井剛司氏に「自分ごと」を身につけさせるためのOJTについて聞いた。

残り:4,103文字

/

全文:5,470文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

白井 剛司 氏 人材開発戦略室 マネジメントプラニングディレクター

博報堂
1895年創業。明治の広告黎明期より事業を展開する総合広告会社。「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに、より高い次元の統合マーケティングソリューションの提供をめざす。
資本金:358億4800万円、連結売上高:7452億1800万円(2012年4月~2013年3月、連結ベース)、従業員数:3122名(2014年4月現在、契約社員含む)

[取材・文]=井上 佐保子 [写真]=本誌編集部