J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年08月号

OPINION 1 日本人駐在員に求められる能力 ローカル社員が評価するパフォーマンスの高い上司の特徴とは

日本企業のアジア新興国を含む海外オペレーションが拡大する中、そのオペレーションを担当する専門家や責任者、いわゆる「グローバル人材」の不足が叫ばれている。この「グローバル人材」という言葉は2008年のリーマン・ショック以後、頻繁に使われるようになったと言う白木三秀氏に、日本人駐在員に必要とされる資質やスキル、育成上の課題について語ってもらった。

残り:3,219文字

/

全文:4,292文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

白木 三秀( しらき みつひで)氏
フ国士舘大学政経学部助教授・教授を経て、1999年4月より早稲田大学政治経済学部教授。2005年よりトランスナショナルHRM研究所所長を務め、他にも日本労務学会会長、国際ビジネス研究学会常任理事等を兼務。専門は、社会政策、人的資源管理論。最近の著書として『新版 人的資源管理の基本』(文眞堂、2013年)、『グローバル・マネジャーの育成と評価』(早稲田大学出版部、2014年)がある。

[取材・文]=坂田 博史 [写真]=トランスナショナルHRM研究所提供