J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 現業経験が活きるグループが一体になるための教育

西武鉄道やプリンスホテルを中核に54社の事業会社を統括する西武ホールディングス。そのホールディングス社員の教育およびグループ共通の教育を担うのが、人事部グループ人材開発室プロジェクトリーダーの村田由香里氏だ。車掌や運転士として、現場の想いや高いプロ意識、そしてそれらが西武グループを支えていることを身をもって学んだ村田氏。そんな現業での知識と経験を活かし、「グループ全体を俯瞰できる経営人材の育成」をめざして日々奮闘している。

人事部 グループ人材開発室プロジェクトリーダー
村田 由香里(Yukari Murata)氏
2008年、西武鉄道入社。駅係員として西武新宿線・高田馬場駅に配属。2009年3月に同線の車掌、2010年5月に運転士となる。2010年9月、西武ホールディングス出向。人事部で処遇担当、採用担当を経て、現職のグループ人材開発室教育担当に至る。

西武ホールディングス
2006年、西武グループの持株会社として設立。「西武鉄道」「プリンスホテル」を中核に、54の事業会社を率いる。2014年4月に東京証券取引所第一部に上場。
資本金:500億円、連結売上高:4734億4100万円(2014年3月期)、グループ従業員数:2万1961名(2014年3月末現在)

取材・文・写真/髙橋真弓

現業での学びと尊敬

村田由香里氏が2008年、西武鉄道に入社したきっかけは、「生活に密着した仕事がしたい」という希望からだった。路線を持ち、沿線に街が広がる鉄道会社であれば、地域密着という点や発展性という観点からも、「何か新しいことができるのではないか」と可能性を感じたからだ。また当時、女性の登用が少ない状況だったこともあり、女性目線や感性を活かした仕事ができるのではという期待もあった。

鉄道会社では総合職であっても入社後、駅係員や運転士などの現業を経験するのが一般的だ。通常、期間は数カ月だが、西武鉄道の場合は最低約2年、長ければ約3年にもなる。村田氏も入社後、駅係員として高田馬場駅に配属された。

「総合職として当初は沿線開発の仕事に興味がありましたが、現業を経験する重要性も理解していました。お客さま目線になるためには、やはり実際にお客さまと接することが必要不可欠だからです。高田馬場駅はJRや東京メトロに接続しており、乗降客数も多い駅です。迷子や急病、トラブルなども毎日のように起こり、常に臨機応変な対応を求められる中で学んだことも多くありました」

翌2009年の1月になると、今度は車掌になるための訓練が始まった。同僚や上司がいつも周囲にいる駅での勤務とは異なり、車掌は単独職である。的確な判断と責任を持って業務を遂行する能力が求められる。

「現場では、何かを判断する前に周囲への確認が大事だと言われています。私自身、少しでもわからないことや判断に迷った場合は周囲のメンバーにすぐに訊いていました。ですが、乗務員の仕事は、1編成に運転士と車掌のみが乗務し、人の命や財産を乗せて走るのです。車掌としての迅速な判断力や対応力が求められます。そこでまず、訓練で独り立ちする前にあらゆる確認事項をクリアにしておこう、また自分自身の甘えた姿勢をなくし、プロとして業務を全うしようと思いました」

訓練は落雷や地震、事故などさまざまなシミュレーションを想定して行う。だが、それ以外に起こりうるトラブルや非常事態を想像し、一つひとつ解決策を何度も練った。不安要素を書き出しては、わからないことを養成所の教師や指導員に尋ね、ノートにまとめた。3カ月の訓練を終え、車掌になってからもいつ何が起こっても対応できるように、休憩時間によく読み返していたという。

「朝のラッシュ時であれば1編成にご乗車いただいているお客さまは3000名にもなります。正直、毎日無事に乗務を終えるために、緊張感を持ち続ける仕事でした。お客さまと接する最前線にいる社員はこの緊張感と責任感を持って何十年と勤務していることを知り、心から尊敬しました」

運転士へのチャレンジ

西武鉄道では駅係員、車掌の経験を積んだのち、運転業務にも携わる場合がある。

「車掌として運転士と毎日一緒に仕事をしているといろいろな話をしたり聞いたりしますが、運転士が持っている知識や経験、想いには駅係員や車掌とはまた違ったものがあります。安全はもちろんですが、お客さまにどう安心して乗ってもらえるかを追求するがゆえのプロ意識が伝わってくるのです」

この機を逃したら一生経験できないと思った村田氏は、挑戦できるチャンスがあるならやってみたいと自ら手を挙げた。

運転士になるための研修では、4カ月間にわたり安全に関する知識や電車の仕組み、運転法規といった専門科目を学び、その後4~5カ月間、指導員が同乗しながら実際の運転業務を行う。村田氏も9カ月の訓練の後、晴れて運転士として独り立ちした。

「運転士になってみてわかったことなのですが、車両にはまるで人のようにそれぞれ個性があります。車両ごとに『車号』という番号がついていますが、ベテランの運転士は車両ごとの細かい癖のようなものを見抜いて、『だからこの電車はこう運転したほうがいい』という細かいことまで教えてくれます。それを知らなかったから事故になるというわけではないのですが、例えば、運転席が女性専用車両にあると女性のお客さまが履いているヒールのカタンという音で電車のわずかな揺れがわかるのです。そこで指導員が『こう運転すると衝撃がちょっと少なくなるよ。聞いてて』と運転すると、本当に揺れないのです。安全で安心できる運転だけでなく、お客さまに快適にご利用いただき、迅速に目的地にお送りするためにここまでの配慮をしているのかと、この時は感動しました。

『この車号は〇〇だから、僕はこう運転している』とベテラン運転士同士で話している時は、どんなに経験を重ねた人でも本当にキラキラしている。こういう人がいてこその鉄道事業なんだと、心から感じました」

現場の気持ちを考える人事

村田氏が現業を終え、西武ホールディングスへ出向したのは2010年9月。人事部で処遇担当に半年間携わり、その後、採用担当を経て、現在の教育担当となった。

西武ホールディングスでは、視野が広く、グループ目線が持てる人材を、2013年度からグループ総合職として採用している。村田氏はそのグループ総合職を含むホールディングス社員の教育および新入社員の採用・教育、グループ共通の教育を任されているが、現業での経験が活きる場面は少なくないという。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,160文字

/

全文:4,320文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!