J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

特集2 伸びしろを見る!採用法

昨今、採用活動の長期・早期化や大手就職支援サイトの仕組みなど、日本の新卒一斉採用のあり方に対し、さまざまな立場からの批判が聞かれるようになった。課題が多く叫ばれる中『、人材教育』では特に、企業が将来の「伸びしろ」を意識した採用を行えることが重要だと考える。しかし、事実として現状の採用活動では、学生は疲弊し、企業も一人ひとりの性質を見極めることが難しくなっている。
その現状を受け2016年卒採用からは、採用活動開始時期の後ろ倒しが決定した。日本企業の採用は、まさに過渡期真っ只中だ。
本特集ではその2016年を前に、現状の新卒採用の問題点を明らかにしたうえで、企業はどうしたら、自社にマッチした“伸びる人材”を採用することができるのかを示唆したい。

残り:0文字

/

全文:0文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。