J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

OPINION 2 スタートは「どう生きたいのか」 人生を考える機会を土台に働く覚悟とプロ意識を育む

どう生きたいか、自分にとっての幸せとは何かを自分と対話すること。組織の一員として働く覚悟と、お客様や会社に貢献するプロ意識を持つこと。社会人の第一歩である新人研修において、その両方を意識づけることが、働き続ける原動力となる。人材開発の専門家として企業教育にあたる一方、大学でも講義を持つ富士ゼロックスの山崎紅氏が、企業はどのように考える機会をつくり、意識づけを図ればよいのか、指針を提示する。

残り:3,108文字

/

全文:4,144文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


山崎 紅(やまざき あかし)氏
富士ゼロックスでシステムエンジニアとして10年間勤務の後、人材開発部門へ。同社営業本部ソリューション営業力強化チーム長、人事本部人材開発戦略グループ長を経て現職。人材開発コンサルタントとして官公庁、民間企業、各種教育機関など幅広く指導。成蹊大学非常勤講師。主な著書に『新人研修ワークブック』『社会人基礎力講座(』日経BP社)『、ビジュアル仕事の常識&マナー』(日本経済新聞出版社)などがある。

[取材・文]=道添 進 [写真]=富士ゼロックス提供