J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

OPINION 2 スタートは「どう生きたいのか」 人生を考える機会を土台に働く覚悟とプロ意識を育む

どう生きたいか、自分にとっての幸せとは何かを自分と対話すること。組織の一員として働く覚悟と、お客様や会社に貢献するプロ意識を持つこと。社会人の第一歩である新人研修において、その両方を意識づけることが、働き続ける原動力となる。人材開発の専門家として企業教育にあたる一方、大学でも講義を持つ富士ゼロックスの山崎紅氏が、企業はどのように考える機会をつくり、意識づけを図ればよいのか、指針を提示する。


山崎 紅(やまざき あかし)氏
富士ゼロックスでシステムエンジニアとして10年間勤務の後、人材開発部門へ。同社営業本部ソリューション営業力強化チーム長、人事本部人材開発戦略グループ長を経て現職。人材開発コンサルタントとして官公庁、民間企業、各種教育機関など幅広く指導。成蹊大学非常勤講師。主な著書に『新人研修ワークブック』『社会人基礎力講座(』日経BP社)『、ビジュアル仕事の常識&マナー』(日本経済新聞出版社)などがある。

[取材・文]=道添 進 [写真]=富士ゼロックス提供

新人研修に欠けているもの

新人が独り立ちし、働く自己(構え)を醸成していくためには、次の大きな2つの柱がカギとなる。1つは、どう生きたいか、自分にとっての幸せとは何か、そのために何をしたらよいか、自分と対話してじっくり考えることだ。もう1つは、働く覚悟、お客様や会社に貢献して対価をいただくプロ意識を持つことである。特に前者は、多くの研修の現場でおざなりにされているのが実情だ。それもわからなくはない。新入社員や若手には、早く即戦力となってもらいたいと、経営者も人材育成担当者も願う。いきおい、新人研修プログラムも、オリエンテーション、ビジネスマナー、会社組織や業務の説明が一通り行われ、後は配属という流れになりがちである。しかし、これまで企業で新人教育を担当したり、大学で講義をする中で痛感したことがある。それは、自分と真剣に向き合う場の少なさだ。これから社会に出る学生たちが「自分はどうしたい」ということをあまり考えていない。もちろん、就活は真剣にするし、働くモチベーションは多くの若者が持っている。入社後も普通に仕事はこなすが、本当は何をやりたいか見つからないまま、あるいは見失って悩む若手社員が少なくない。彼ら・彼女らを見るにつけ、職業という狭い意味ではなく、自分がどのようになりたいのか、じっくり自分と対話する必要性を強く感じた。働くことは人生のごく一部であって、全てではない。そう捉えれば、壁に突き当たっても煮詰まらなくて済む。今年私がまとめた『新人研修ワークブック』の第一章にこのテーマを持ってきたのも、こうした理由からだ。

考えなくても生きられる現実

なぜ、多くの若い人たちが、自分がどうなりたいかを考え(られ)ないのだろう。私たちは子どもの頃から「将来は何になりたい?」と何度も聞かれてきた。パイロット、医者、野球選手──とりあえず何か職業を答えておけば周りは安心する。しかし、それは本当になりたい自分の姿だったか。進学、就職しても、どのように生きたいかを問われることはないし、考えなくても何となく生きていける。そういう私自身、入社して10年間は、目の前の仕事をこなすのに精一杯だった。ところが、SEから人材開発へ異動したら、急に視野が広がると共に不安になった。社内ではそれなりに経験を積んだと思っていたが、社外でも通用するのか。今の自分の状態が、なりたかった自分なのか。そもそも自分はどう生きたいのか、深く考えてこなかったのだ。もし、若い頃の自分に会えるとしたら、こう問いかけたい。「どういう自分になりたいの?」。それは何も高い志を語れというのではない。どこに住みたいのか、どんな車に乗りたいのか、結婚したいのか、子どもはほしいのか、何を楽しいと思って生きていくのか。自分が考えやすいことから始めて、積み重ねていくと、おぼろげにめざす姿が頭に浮かんでくる。これは、若い人に限らず、全ての人にとって根源的な問いだろう。できるなら学校教育の現場で、繰り返し考える場があるとよい。企業からのアプローチとしては、内定後の時間に余裕がある時期に考えてみるよう勧めるのも一案だ。また、自己の成長と、取り巻く環境の変化(就職、異動、結婚、出産、育児、介護など)によって、価値観は変わっていくため、節目ごとに考えを棚卸しするとよい。今はいろいろな働き方ができる時代。仕事に全力で取り組みたいなら、それもいい。育児や介護を優先させ、仕事は効率よく資金を得るための手段と考えるなら、そういう働き方も選べるだろう。大切なのは、自分自身が納得できる働き方を、自分で選択して実行することだ。

会社・人事ができることは

では、企業は「どういう自分になりたいか」を、新人にどうやって考えてもらえば効果的だろうか。研修プログラムに関していえば、考えるきっかけを提供し、自分と対話する方法を示すことから始める。例えば、自分が幸せだと思う状態を思いつくままに片っぱしから書き出して、それを整理しながら考えてもよい。ある程度考えがまとまったら、メンバーと共有し、ディスカッションしてみる。人がこうなりたい」と書き出したことを、決して否定しないというのが唯一のルールだ。お互いに質問し合うことで、考えがクリアになっていく。こうしたセッションでは、「自分で気づく」ことが大事だ。なりたい姿を自ら描き出せない社員には、研修講師がコーチングの手法を用いて質問してみるのもよいだろう。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,072文字

/

全文:4,144文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!