J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年02月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 異質な仕事や人、本との出会いが、 環境変化を乗り越える人格を磨く

王子グループの持株会社制への移行により、王子ホールディングスの「印刷情報メディアカンパニー」の中核会社として生まれ変わった王子製紙。新聞用紙事業、印刷・出版用紙事業、情報用紙事業を承継し、2012年10月に事業を開始した。国内需要の成熟や少子高齢化、そして電子化の潮流──多くの企業が直面する壁を「人材力」とコストダウン戦略で越え続ける同社。市場環境の変化をバネに、新時代の人材を育てる術を、代表取締役社長 渕上一雄氏に伺った。

残り:4,541文字

/

全文:5,676文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

渕上 一雄(Kazuo Fuchigami)氏
生年月日 1951年7月22日
出身校 九州工業大学工学部
主な経歴
1974年4月 本州製紙 入社
1989年3月 洋紙営業本部特殊紙・フィルム営業部調査役
1992年6月 洋紙営業本部 印刷用紙部 調査役 兼 新聞用紙部調査役
1996年7月 洋紙営業本部 印刷用紙部長代理 兼 新聞用紙部長代理
(1996年10月 新王子製紙と合併し王子製紙となる)
2001年6月 王子製紙 新聞用紙事業本部 新聞用紙部長
2003年6月 関西営業支社長代理 兼 新聞用紙部長
2005年6月 関西営業支社長 兼 新聞用紙部長
2008年4月 執行役員 新聞用紙事業本部長
2011年4月 常務執行役員 新聞用紙事業本部長
2012年6月 取締役常務執行役員 新聞用紙事業本部長
(2012年10月 持株会社制移行により王子ホールディングスとなる)
2012年10月 王子ホールディングス 取締役常務グループ経営委員 兼 王子製紙 副社長
2013年6月 取締役専務グループ経営委員 兼 王子製紙 社長
現在に至る

王子製紙
母体は渋沢栄一が1873年に設立した「抄紙会社」。2012年10月、王子グループの持株会社制への移行に伴い「印刷情報メディアカンパニー」の中核会社として、新聞用紙事業および洋紙事業を承継。
資本金:3億5,000万円、従業員数:2,453名(2013年3月31日現在)

インタビュアー/西川 敦子 写真/太田 亨