J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年01月刊

私のリーダー論 皆が“事業家”として 挑戦し続ける社風を絶やさない

2022年に創立100周年を迎える東急。
鉄道、商業施設、ホテルなど、その事業範囲は広いが、東京有数の大都市・渋谷を「世界のSHIBUYA」にすべく、大規模再開発を行っていることで知られる。
2018年度からの中期経営計画では、持続可能な成長を目指す基本方針としてサステナブルな「街づくり」「企業づくり」、そして「人づくり」を掲げている。
具体的にはどのような人材育成を行っているのか、髙橋和夫社長に聞いた。

残り:3,800文字

/

全文:4,750文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

髙橋 和夫(たかはし かずお)氏
東急 取締役社長 社長執行役員

生年月日 1957年3月1日
出身校 一橋大学 法学部
主な経歴
1980年 東京急行電鉄 入社
1991年 東急バス 出向
2009年 東急バス 常務取締役
2010年 東京急行電鉄 執行役員 人事・労政室長
2011年 東京急行電鉄 取締役 執行役員経営管理室長
2016年 東京急行電鉄 取締役 専務執行役員経営企画室長、仙台国際空港 取締役
2018年 東京急行電鉄※ 代表取締役社長 社長執行役員 
※2019年9月2日に「東急」に社名変更
現在に至る

企業プロフィール
東急株式会社
1922年、目黒蒲田電鉄として創業。
1942年東京急行電鉄、2019年東急に社名変更。
「美しい時代へ」をグループスローガンに掲げ、鉄道事業を基盤とした「まちづくり」を事業の根幹に置きながら、様々な領域で事業を展開している。
資本金:1,217億円(2019年3月31日現在)
連結売上高:1兆1,642億円(2020年3月期)
従業員数:1,491名(2020年6月30日現在)

取材・文/村上 敬 写真/山下裕之