J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年09月刊

特集│社員に愛される会社とは│Chapter1│ OPINION 個々が尊重され、やりがいを感じながら働くことが大切 「幸福度」と「パフォーマンス」の関係に注目 “幸せな社員”が強い組織をつくる

社員に愛される会社には、どのような特徴があるのだろうか。
幸福学を専門とする慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司氏に、18~24ページの調査結果の総括とあわせて話を聞いた。

残り:3,416文字

/

全文:4,555文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


profile
前野隆司(まえの たかし)氏 
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

1962年山口生まれ。84年東京工業大学工学部機械工学科卒業、86年東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了、同年キヤノン入社。
その後、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、慶應義塾大学理工学部教授、ハーバード大学客員教授等を経て2008年より慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授。11年より同研究科委員長兼任。17年より慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長兼任。
著書に『脳はなぜ「心」を作ったのか』(筑摩書房)、『幸せな職場の経営学』(小学館)など多数。

[取材・文]=谷口梨花