J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

Learning Report from ATD 第1回 ATD-ICE2018から見る シフトの方向性と今日的テーマ

米国の人材・組織開発の専門組織ATD(タレント開発協会)の日本支部ATD-IMNJが、海外の新潮流を、変革へのヒントとして解説します。

嶋村伸明 氏
ATD-IMNJ(インターナショナル・メンバー・ネットワーク・ジャパン)副代表/リクルートマネジメントソリューションズ 事業開発部 主任研究員

創立75周年の記念大会

2018年国際大会(ATD-ICE2018)はATD の創立75周年の記念大会として、5月6日~9日にカリフォルニア州サンディエゴで開催されました。爽やかな海辺に面したコンベンションセンターには世界93カ国から13,000人が参加。近年では最大規模となり、日本からの参加者も269名と過去最多でした。基調講演者にバラク・オバマ前米国大統領を迎え、会場中心の明るく広いアトリウムには1943年から現在までのATD の軌跡をたどる展示ブースが設けられるなど、記念大会にふさわしい内容となりました。

オバマ氏は何を語ったか

毎年、様々な領域のリーダーが3名ほど登壇する基調講演ですが、今年はなんといってもオバマ前大統領です。当日は早朝から会場の回りに長蛇の列ができ、開場時間が繰り上げられるなど前代未聞の事態も起こる中、オバマ氏が登場するや会場はしばらくの間拍手と大歓声に包まれました。ATD プレジデントCEO トニー・ビンガム氏との対談形式でしたが、ときにユーモアを交えながらも自身の考えを率直に、かつ思慮深く言葉を選びながら話すオバマ氏の人間性に会場中が引き込まれていきました。自身の人生のストーリーを紐解きながらオバマ氏は、社会が教育に投資し続けること、大事なのは「何になりたいか」ではなく「何をしたいか」であり、自分が情熱を感じられることを見つけること、透明性があり有効なデータがフィードバックされる環境をチームにつくり経験から学ぶこと、そして、バリューを実践し継承する重要性を語ったうえで、一人ひとりが「誰かの役に立つ責任を引き受け、1日1日をより良い状態にすることで世界は良くなっていく」とメッセージを送りました。一言ひと言から価値観と信条が感じられ、まさに「オーセンティック・リーダーシップ(自分らしさのリーダーシップ)」を体感した時間でした。

“強み革命”、人間分析

2人目の基調講演者は「ストレングス・ファインダー」の開発者マーカス・バッキンガム氏です。彼の講演もとても素晴らしく、近々上梓される研究成果「Nine lies about work」の内容を紹介しながら、弱みよりも強みを見つけ伸ばす重要性をリオネル・メッシ選手の「左足」を例に挙げながら情熱的に語りました。

最後の基調講演者は作家・教育者でありコメディエンヌのコニー・ポデスタ氏です。カウンセラーでもあるポデスタ氏は、心理学に基づいたユニークな人間分析を天性のトークで展開し、数千人の会場は終始爆笑に包まれました。大会の最後を飾るにふさわしい笑いと知性あふれる内容で、来場者は誰もが「来年も来よう!」と感じられたのではないかと思います。

デジタル化、自動化とL&D

今大会で最も論じられたイシューは、「テクノロジーがもたらす未来に向けた学習と成長の支援のあり方」だと思います。ATD 議長のテラ・ディーキン氏は、ATD の75年の歴史を、産業と労働の変化への対応の歴史として紹介しつつ、今日我々が直面しているデジタル・トランスフォーメーション、すなわちAI やロボット、マシンラーニングによる知的労働の自動化(Automation)がもたらすであろう世界と、そこでの人間の労働のあり方についての予測を語りました。そして、変化を恐れずテクノロジーと共に成功を獲得していくために「Reskilling for 2030(2030年の世界に向けた再教育)」というスローガンを提示しました。他の300強ある教育セッションでも、デジタル・トランスフォーメーションへの言及は多く見られました。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,458文字

/

全文:2,915文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!