J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

ISSUE4 まとめとして 変化を起こせる学習と仕組みとは

リーダーは何を学ぶべきか

特集1を構成に沿ってまとめると、次ページのようになる。事業変革リーダーとは、こうして見ると、「客観的なデータで現状や環境を把握したうえで事業戦略をつくることができ、実際に多くの人を巻き込んで遂行していける人材」ということができそうだ。

ただし、グローバル市場で勝負していこうとすれば、これらの要件だけでは不十分である。神戸大学大学院の三品教授が語るように(P20)、歴史・世界・人間・事業をマクロで長期的に学ぶことが前提となる。それには、他の民族の価値観や、世界経済の流れなどを座学や実地で学んだり、(海外)子会社経営を任せることで多種多様なマネジメント経験をさせたりといったことが有効なようである。

また、事業戦略の実行フェーズに移ると、チームメンバーの力を引き出すことが重点になる。そのため、幹部育成にはピープルマネジメントに重点をおいた研修を行いがちだが、これも三品氏が言うように、事業(ビジネス)の歴史――時代の覇者や新興勢力の栄枯盛衰や、世界の中の日本の立ち位置も学ぶと、変化の方向性を考えるヒントになる。具体的な“事業立地の変え方”については、三品氏の書籍『高収益事業の創り方(経営戦略の実戦〈1〉)』が、実例が満載で教科書になるだろう。

財務知識や事業戦略の立て方などは、読書や座学の講座で学べば身につく。しかし、だからといって放置していては、企業としても競争力が高まらない。リーダーたちに学べる環境や機会を用意する必要がある。

仕組みの面での支援

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:659文字

/

全文:1,317文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!