J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2018年03月号

THEME「グローバル人材」 日系グローバル企業は多国籍にあらず 「二国籍」マネジメントでは アジアの人的資源が枯渇する

優秀な人材が確保できない―グローバル展開する企業に共通の悩みではないだろうか。
なぜ人が育たないのか、採れないのか。
長年来の問題に明快に答えるのが、東アジア、中国などの人的資源管理に精通する白木三秀教授だ。
2000 年11月号記事「アジアにおける欧米グローバル企業の人的資源管理」を振り返り、打開策を提案いただいた。

残り:3,735文字

/

全文:4,980文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


白木三秀(しらき みつひで)氏
早稲田大学 政治経済学術院 教授/トランスナショナルHRM研究所 所長

1951 年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)。
国士舘大学政経学部助教授・教授を経て、1999 年4月より早稲田大学政治経済学部教授。2005 年より現職。トランスナショナルHRM 研究所所長、国際ビジネス研究学会長等を兼務。専門は、社会政策、人的資源管理論。
『国際人的資源管理の比較分析』(単著、有斐閣)、『チェンジング・チャイナの人的資源管理』(編著、白桃書房)、『グローバル・マネジャーの育成と評価』(編著、早稲田大学出版部)、『人的資源管理の力』(編著、文眞堂)など著書多数。

[取材・文]=増田忠英  [写真]=編集部