J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年10月号

CASE 1 PwCコンサルティング 研修、ジョブローテーション、フィードバック 総合的な仕組みで 思考力と伝える力を鍛え、伸ばす

企業の経営課題を解決するPwCコンサルティングにおいて、論理的な思考力はまさにコアスキルだ。
したがって、新入社員はハードな研修だけでなく、さまざまなシーンにおいて総合的にトレーニングを受けるという。
充実した育成の仕組みを取材した。

残り:3,239文字

/

全文:4,318文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


沖 依子氏
人事部 コンサルティングデベロップメントリーダー

齊藤ふみ氏
人事部 マネージャー

PwCコンサルティング合同会社
PwCは157カ国、22 万3,000人以上の専門スタッフを有する世界最大級のプロフェッショナルサービスネットワーク。PwC Japanグループは、PwCグローバルネットワークの一員として、各法人がコンサルティング、ディールアドバイザリー、監査、税務、法務などのサービスを提供。PwCコンサルティングは、日本におけるコンサルティング部門を担い、経営戦略の策定から実行までの総合的なコンサルティングサービスを展開する。
総収益:359 億米ドル、従業員数:22 万3468 名(共に2016 年6月期、PwCグローバルネットワークにおけるデータ)

[取材・文]=汐見 忍 [写真]=編集部