J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年09月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 経験や学びを自分ごとに変える 気づきの場の提供者でありたい

金融機関のオープン出納システムをはじめ、スーパーやコンビニで見掛けるつり銭機、飲食店などの券売機や、電子マネーの読み取り端末など、さまざまな通貨処理機の開発、製造、販売を手掛けるグローリー。
同社の人材開発部門で手腕を発揮する山本正昭氏は、入社後長年フィールドエンジニアを務め、現場での経験の数々が、今に生きているという。Off‐JTで大切にするのは「気づきの場の提供」だと語る、その真意とは。

プロフィール


グローリー
総務本部 人事部
人材開発グループ
アシスタントマネージャー

山本正昭 (Masaaki Yamamoto)氏
1986 年グローリー商事(現グローリー)入社。千葉県内や東京西部など、首都圏エリアのフィールドエンジニアを15年務める。その後、部門内の業務改革チーム、教育研修チームなどを経て、2011年より人事部。

会社紹介
グローリー
1918 年、電球の製造装置の修理工場として創業。1950年に国産初の硬貨計数機を開発。大蔵省造幣局に納めたのをきっかけに、本格的に通貨処理機事業を展開する。金融機関のオープン出納システムや小売店のつり銭機、飲食店などの券売機や、電子マネーの読み取り端末、駅のコインロッカーなどを開発、製造、販売し、通貨処理機メーカーのパイオニアとして世界を牽引する。
資本金:128億9294万7600円(2017年5月11日現在)、連結売上高:2225億8100万円(2017年3月期)、従業員数:3246 名(2017年3月31日現在)

取材・文/田邉泰子 写真/編集部