J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年07月号

寺田佳子のまなまな 第19回 シェア・デザイン代表取締役 麻生次郎さんに聞く 「つながる未来」のデザイン

「自由に改装できるシェアハウス」「LGBTのためのシェアハウス」など、
ユニークなシェアハウスを次々と手掛けるシェア・デザイン。
そこで代表取締役を務める麻生次郎さんが今回の「まなまな」のお相手です。
描いたビジョンを次々とカタチにしていく麻生さんに、
今後のシェアハウスの在り方や、夢を実現する方法を“シェア”していただきました!

残り:2,330文字

/

全文:3,106文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

麻生次郎(あそう じろう)氏
シェア・デザイン代表取締役。学生時代は、学生向け不動産会社でアルバイトとバック
パックの海外放浪に明け暮れる。大学卒業後、バブリーな大手不動産会社に就職。バ
ブル崩壊後、大手管理会社に転職する。執行役員営業部長を経て独立。現在はシェア
ビジネスを中心に活動中。次回のシェアハウスのコンセプトは「宝塚歌劇団の愛好家
が集うヅカハウス」の予定。

寺田佳子(てらだよしこ)氏
インストラクショナルデザイナー、ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティン
グ代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議
会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講
師。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)など。
https://www.facebook.com/InstructionalDesignConsulting/