J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年05月号

今月のNEWS

Information

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞決定 TOTO、コーケン工業など17団体が受賞

●人を大切にする経営学会

人を大切にする経営学会は2017 年2 月、第7 回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の受賞者を決定した。同賞は、①従業員とその家族、②外注先・仕入れ先、③顧客、④地域社会、⑤株主の全ての人を大切にし、人の幸せを実現する行動を継続して実践している会社の中から、その取り組みが特に優良な企業を表彰するもの。平成22 年度から実施している。本年度は85 件の応募があり、今回、受賞が決定したのは表の17 団体。

経済産業大臣賞を受賞したTOTO は、過去5 年間の平均離職率が極めて低く約1%であること、TOTO グループ全体では障がい者社員304 名のうち約半数が重度障がい者と精神障がい者であり、TOTO 本体では3 名を除き全員正社員であることなどが評価された。中小企業庁長官賞を受賞したコーケン工業は、定年制を設けず66 歳以上の高齢者が全体の16.7%を占め、その定着率も高いこと、10 代から80 代の社員(最高齢87 歳)がまるで家族のように助け合いながら働いていることなどが評価された。

なお、その他の企業の受賞理由などの詳細は、右記のURL より閲覧できる。

https://taisetu-taisyo.jimdo.com/ ニュースリリース/ 第7 回アワード- ニュースリリース/

問い合わせ

人を大切にする経営学会 事務局

TEL:03-6261-4222

Research

若年者の能力開発と職場への定着に関する調査 離職理由で多いのは「労働時間・休日・休暇の条件が良くなかった」

●労働政策研究・研修機構

労働政策研究・研修機構は2017 年2 月、若年者の能力開発と職場への定着に関する調査の結果を「若年者の離職状況と離職後のキャリア形成」としてまとめ、発表した。それによると、新卒3 年以内離職者で性別・学歴問わず多い離職理由は「労働時間・休日・休暇の条件が良くなかったため」(女性33.2%、男性34.0%)であり、この理由を挙げた人のうち、現在他の会社等で正社員として働いている人は、男女とも労働時間が大幅に短くなっていることが分かった。

また、特に男性では「キャリアアップ」(22.5%)、「やりたい仕事とは異なる」(29.9%)を離職理由とする人が多かった。その人のその後のキャリアの調査によると、これらの理由と整合する転職をした傾向が高いことから、若年期の離職には、若者が試行錯誤しながらより良い状況を模索するポジティブな一面もあるといえる。

問い合わせ

労働政策研究・研修機構 研究調整部 研究調整課 

TEL:03-5991-5104

Research

社内イベントに関するコミュニケーション調査 社内イベントは「人と直接会って話ができる良い機会」58%

●JTBコミュニケーションデザイン

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,298文字

/

全文:2,596文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!