J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年05月号

CASE 2 三井住友海上火災保険 “きれいなキャリアシート”は書かせない 43歳、仕事人生のハーフタイムに 自分と向き合う意味

三井住友海上火災保険は、33歳、43歳、50 歳時の社員を対象に、自らのキャリアを考えさせる研修を実施している。
中でも重視しているのが、43歳時に行う2日間のプログラムである。
「社内異業種交流」ともいえるほど多種多様な“同級生”が集い、互いの強み・弱みや今後のキャリアについて深く語り合うことで、仕事をするうえでの気づきや、成長に向けたモチベーションの向上につなげている。

残り:3,341文字

/

全文:4,454文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


大西康弘氏 人事部 部長(能力開発担当)兼 能力開発チーム長
髙﨑隆浩氏 人事部 能力開発チーム 課長

三井住友海上火災保険
1918 年設立。MS&ADインシュアランスグループの中核事業会社として、「グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えること」を経営理念に掲げ、世界トップ水準の保険・金融グループの実現に向けた挑戦を続ける。
資本金:1395 億9552 万円、正味収入保険料:1兆5074 億円(2015 年度)、従業員数:1 万4691名(2016 年3月31日現在)

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部