J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

SPECIAL INTERVIEW 現場起点の“店舗・本部ぐるみ活動” 成功のヒケツとは

福岡トヨペットは福岡県内に約40店舗を構える自動車販売ディーラーである。自動車販売台数が低迷する中、他の多くの自動車販売会社が志向しているように、従来の新車重視の突撃型の「訪問型営業」から、点検・車検などのサービス入庫を軸として顧客に店舗に来てもらう「来店型営業」へと販売スタイルを変革してきた。
また、顧客に愛され続ける会社になるため、「ES」「CS」「業績向上」の3つを実現する会社として、店舗を起点としたさまざまな改革に取り組んでいる。
改革を進める中で、その軸となっているのは“店舗・本部ぐるみ活動”と呼ばれる全員ミーティングと“本部支援担当者”と呼ばれる本社スタッフの存在である。

残り:2,951文字

/

全文:3,935文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


中尾潤一氏
福岡トヨペット 代表取締役社長