J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 経営ステージと現場の視点を取り入れた 育成・制度・風土の改革をめざす

自動車や住宅、橋やビル、工場などの大型構造物の塗料を製造、販売する日本ペイントホールディングスグループ。
2014年には持株会社体制に移行するなど、将来を見据えた大きな変革に取り組んでいる。そうした中、2016年4月に人事本部長に就任したのが、藤田徹朗氏だ。
藤田氏は事業系出身で海外駐在の期間も長い。 経営者としての経験も活かしながら、「経営と現場に根ざした人事改革を進めたい」と意気込む。
経営者視点の“ 改革への思い”に迫った。

残り:3,686文字

/

全文:4,915文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


日本ペイントホールディングス
上席執行役員
人事本部長※
藤田徹朗(Tetsuro Fujita) 氏
1982年日本ペイント(現 日本ペイントホールディングス)入社。千葉営業所、横浜営業所勤務を経て、1992年より9年間イギリスに駐在、2001年に帰国後、自動車塗料事業本部を経て、2005年より再度イギリス駐在。2010年からはシンガポールに駐在、2013年にはインドの現地法人のCEOを兼務。2014年より上席執行役員。2016 年4月より人事本部長。2017年1月よりアメリカ現地法人のCEOに就任。

※本稿の情報は、取材当時のものです。

日本ペイントホールディングス
1881年創業。アジアNo.1の総合塗料メーカーとして、自動車や住宅、橋梁などの大型構造物、また家電製品やオフィス機器の塗料、及び防錆性や塗膜密着性、耐久性向上などの機能を付与する表面処理剤の製造を手掛ける。2014 年に持株会社体制に移行。現在、国内グループ会社は主要4社の事業会社で展開している。
資本金:788 億6200万円
連結売上高:5357億4600万円(2016 年3月期)
連結従業員数:1万6498 名(2016 年3月31日現在)

取材・文/田邉泰子 写真/編集部