J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

寺田佳子のまなまな 第14回 関鉄工所 社長 関英一さんに聞く ワザと絆のつなぎ方

町工場の職人たちが、ボブスレーのソリづくりでオリンピックをめざす―
そんな夢溢れるプロジェクト、「下町ボブスレー」の一員・関英一さんが今回のお相手。
ソリに必要となる膨大な数の部品を短期間でつくり上げることができた理由には、太田区の町工場が持つ、“ 仲間まわし”の文化があるといいます。
互いの強みを熟知したそのネットワークについて、実物のソリを見ながら伺いました。

残り:2,681文字

/

全文:3,575文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

関 英一(せき えいいち)氏
関鉄工所社長。工業系の専門学校を卒業後、紙器・段ボールを扱う会社に入社し、サービスエンジニアとしてリース機のメンテナンスを行う。10年間務めた後、関鉄工所に入社し、2014年に社長に就任。下町ボブスレーネットワークプロジェクトには2012年の1号機の部品加工から参加。
全日本製造業コマ大戦大田区場所では実行委員長を務める。

寺田佳子(てらだよしこ)氏
ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講師、ATD(タレント開発協会)会員。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)など。https://www.facebook.com/InstructionalDesignConsulting
[写真]=鈴木卓也