J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

OPINION3 上司と経営層を巻き込め! 実務で活きる教育の鍵は 研修前後のデザインにあり

研修の本来の目的は、社員のパフォーマンス向上にあるはずだ。
では、研修とパフォーマンスの“ 整合性”を高めるために、どのような学習の設計が必要なのか。
2016 年11月22日に開催された「ATD2016 JAPAN SUMMIT」の基調講演者で、研修の効果測定研究で知られるロバート・ブリンカホフ氏が解説する※。
※当日の講演内容と独自取材により構成。

残り:2,930文字

/

全文:3,906文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


Robert O. Brinkerhoff(ロバート・O・ブリンカホフ)氏
Brinkerhoff Evaluation Institute 社長
ウエスタン・ミシガン大学 名誉教授

Learning & Development(人材開発)、特に研修の効果測定、有効性に関し、45年以上にわたり研究を続ける。これまで数百の企業・組織においてコンサルティングを手掛ける。アメリカ、サウジアラビア、オーストラリア、タイ、ヨーロッパ、南アフリカ、ロシアなど世界各地で活躍。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部