J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

SPECIAL COLUMN 行動の“きっかけ”を整える 望ましい行動を導く「仕掛け」のチカラ

人の“ 望ましい行動”を引き出す方法のひとつとして、ぜひ紹介したいのが「仕掛け」である。
つい試してみたくなる。普段の行動を変えてみたくなる。
そんな「仕掛け」のカラクリを第一人者に聞いた。

残り:1,786文字

/

全文:2,381文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


松村真宏(まつむら なおひろ)氏
大阪大学 大学院経済学研究科 准教授

1975 年生まれ。大阪大学基礎工学部卒業。
東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。
博士(工学)。2007年より現職。2004年イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校客員研究員、2012年~2013年スタンフォード大学客員研究員。著書に『仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)がある。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部