J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

OPINION2 成果が出ないのは、性格や能力のせいではない! “個人攻撃の罠”に陥らずに 望ましい行動を引き出すアプローチ

組織のパフォーマンスを上げるためには、上司のリーダーシップが欠かせない。
しかし、リーダーの性格や能力にばかり注目していても限界がある。
部下のパフォーマンスを高めるうえでも、個人の属性に原因を求めると改善が難しい。
ではどうするか。行動分析学を専門とする法政大学の島宗理教授に、“望ましい行動”を生み出すフレームワークと取り組み方を聞いた。

残り:3,349文字

/

全文:4,465文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


島宗 理(しまむね さとる)氏
法政大学 文学部 心理学科 教授

千葉大学文学部行動科学科を卒業、慶應義塾大学社会学研究科を修了後、ウエスタンミシガン大学心理学部博士課程入学、同大学Ph.D.取得。鳴門教育大学助教授を経て、2006 年より法政大学文学部心理学科教授。主に行動分析学やインストラクショナルデザインに関する研究を行う。著書に『部下を育てる!強いチームをつくる!リーダーのための行動分析学入門』(日本実業出版社)、『使える行動分析学』(筑摩書房)など。

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部