J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

OPINION1 “パフォーマンス・マネジメント”のあるべき姿とは 評価や業績のみに目を向けず、 全体をシステムとして捉えたマネジメントを

GEなど欧米の先進企業が、パフォーマンス・マネジメントの変革を進めている。
この動きは、日本の人事担当者にとっても、決して無視できないだろう。
しかし、パフォーマンス・コンサルタントとして多くの企業を見てきた中原孝子氏は、「日本企業はパフォーマンス・マネジメントの捉え方に問題がある」と警鐘を鳴らす。
そもそも「パフォーマンス」とは何か。そのマネジメントとは、何を指すのか。
欧米企業の動向にも詳しい中原氏が解説する。

残り:3,700文字

/

全文:4,933文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


中原孝子(なかはら こうこ)氏
CPLP(Certified Professional in Learning and Performance)ATD 資格認定パフォーマンス コンサルタント
インストラクショナル デザイン 代表取締役/ATD ジャパン 副代表

岩手大学卒業後、米コーネル大学大学院にて教育の経済効果、国際コミュニケーション学等を学ぶ。米系製造販売会社、シティバンク、マイクロソフトにてトレーニングマネジャーとして活躍後、2002 年5月インストラクショナルデザインを設立。効果的な研修設計と効果測定、パフォーマンスコンサルティング手法による人材開発設計などを行う。ATDインターナショナルメンバーズネットワークジャパン副代表。

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=菊池壮太