J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年01月号

ワークスペースから見る未来  まだ見ぬ世界を創造する 「働き方3.0」とは

未来に向け、従来とは一線を画した発想を生み出していける環境として、人材や働き方、そして働く場は、どのように進化していくべきなのか。
イノベーションを生み出す機会や空間の研究と実践を進める、イトーキオフィス総合研究所所長の谷口政秀氏に聞いた。

残り:3,221文字

/

全文:4,294文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


谷口政秀(たにぐち まさひで)氏 イトーキ オフィス総合研究所 所長
1982 年イトーキ入社。マーケティング部門、空間設計部門、商品開発部門、netstyl社起業を経て現職。国内外の先進的な働き方、働く場について、広く調査・研究を進める。現在はイノベーティブな働き方や空間、ソーシャルイノベーションについて、講演、ワークショップなどを通じて啓蒙・普及活動を行う。主な著書に『デザイン思考ファシリテーションガイドブック』(イトーキオフィス総合研究所、一般社団法人デザイン思考研究所)がある。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=吉田 庄太郎