J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年01月号

新春特集 働き方と人材の未来

 2016年を振り返れば、イギリスのEU離脱や、ドナルド・トランプ氏の米国次期大統領選出など、世界の政治経済や社会の動きは、大きな変化の中にある。日本経済にもその影響が出ることは避けられず、国内だけを見ても、労働人口の減少を筆頭とする大波が、日本企業に迫っている。
今後ますますビジネスパーソンの働き方や、企業が求める人材像は変化していくことだろう。
 具体的に企業の経営陣や人事・人材開発部門は、どういった変化に備え、どのように人材や組織を開発したり、環境を整えたりする必要があるのか。
 それを明らかにするため、AI、働く場や経済等、現在の大きな変化について詳しい識者に、近未来とも言うべき2030年の未来を見据えた“ 働き方”と“人材要件”を予測してもらい、変化に備えるための観点や叡智、提言を聞いた。今後の方向性を見極める羅針盤としてほしい。

残り:0文字

/

全文:0文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。