J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年12月号

JMAM 通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 メタウォーター 「変革」「挑戦」「多様性」がかなえた 「自ら動く」手上げ式研修

上下水道事業は官民連携(PPP)の加速など、大転換期を迎えている。
その中で水・環境のトータルソリューションを提供するメタウォーターは、成長を続けている。
同社には社員が自ら積極的に参加する「手上げ式」研修が根づいており、中でも通信教育は安定した受講率と高い修了率を実現している。

残り:2,818文字

/

全文:3,757文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


藤井 泉智夫氏 執行役員 経営企画本部 人事総務企画室長

企業プロフィール
メタウォーター
2008年4月、日本ガイシ、富士電機の各水環境子会社の合併により発足。国内外の上下水道施設、環境関連施設の設計・建設、運転・維持管理までを担う。
水と環境分野のトータルソリューションカンパニーを標榜。2014年12月、東証一部上場。
資本金:119億4670万円、連結売上高:1030億9800万円(2016年3月期)、連結従業員数:2839名(2016年3月現在)

取材・文/JMAM 写真/メタウォーター提供、JMAM