J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年12月号

人材教育 The Movie ~映画でわかる世界と人~ 第50回 「アメイジング・グレイス」川西玲子氏 時事・映画評論家

「アメイジング・グレイス」
2006年 イギリス 監督:マイケル・アプテッド

川西玲子(かわにし れいこ)氏
1954年生まれ、メディア・エンタメ時評。中央大学大学院法学研究科修士課程修了(政治学修士)。シンクタンク勤務後、企業や自治体などで研修講師を務めつつ、コメンテーターとして活動。著書に『映画が語る昭和史』(武田ランダムハウスジャパン)、『戦前外地の高校野球 台湾・朝鮮・満州に花開いた球児たちの夢』(彩流社)等。




『アメイジング・グレイス』
発売・販売元:ハピネット
価格:DVD ¥3,800(本体)+税 好評発売中
奴隷貿易に心を痛める青年ウィルバーフォースは、聖職者になるか政治家になるか、2 つの選択肢の間で揺れていた。名曲『アメイジング・グレイス』を作詞した彼の師に後押しされ、政治家となり奴隷貿易廃止を訴える。18 世紀のイギリスを舞台に、奴隷解放のために闘った実在の政治家の激動の半生を描いた物語。
©2006 BRISTOL BAY PRODUCTIONS LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

日本のドラマ『白い巨塔』の主題歌にもなった讃美歌『アメイジング・グレイス』の歌詞は、奴隷船の元船長が改心して牧師となり、過去を悔いてつくったものである。アメリカの奴隷制度が、南北戦争を経て1865年に廃止されたことは有名だが、イギリスではそれに先んじて1833年に奴隷制度が廃止されていた。

大英帝国の繁栄は、奴隷貿易に支えられるところが大きかった。この映画は、奴隷貿易廃止を社会運動から政治のテーマに引き上げ、少数の仲間と議会を舞台に奮闘を続けた、ウィリアム・ウィルバーフォースの姿を描いたものだ。

背景に濃く流れるキリスト教精神や霊的体験など、日本人には分かりにくい面もある。だが改革者の歩む困難な道や、試行錯誤を繰り返す粘り強い努力、障壁を突破するために繰り出す奇策など、仕事をしていくうえで参考になる点が多い佳作である。

○数々の困難との闘い

裕福な家に生まれ、21歳で議員になったウィルバーフォースは、奴隷貿易廃止運動を担っていた人々と出会い、議会で廃止法案を通すことを決意する。だがそれは長く険しい道のりだった。

この映画の見どころは、議会における攻防だ。既に議会制民主主義が確立していたイギリスで奴隷制度を廃止するには、法案を通さなくてはならない。だが議員の多くは、何らかの形で奴隷貿易から利益を得ていた。古今東西を問わず、政治は経済と深く結びついている。ウィルバーフォースと個性的な仲間たちの前にまず立ちはだかったのは、利権と既得権益の壁だった。

社会では元奴隷の著書が売れ、奴隷労働によってつくられた砂糖の不買運動も始まる。だが法案は議会で毎年、否決され続けた。長引く闘いに疲れたウィルバーフォースは心身共に病み、アヘンチンキが手放せなくなってしまう。だが福祉活動に熱心な女性・バーバラと結婚して再び力を取り戻し、策の限りを尽くして法案通過をめざす。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:779文字

/

全文:1,557文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!