J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年10月号

寺田佳子のまなまな 第10回 プロマラソンランナー 原田拓氏に聞く 「人生のフルマラソンの走り方」(後編)

前回から引き続き登場の、プロマラソンランナー 原田拓さん。
オリンピック選手のトレーニングパートナーやホノルルマラソン出場を経て、競技者時代には見えなかった、「走り」の新たな世界を知ったといいます。
変化を恐れず挑戦する原田さんが掲げる、次なる野望とは。

残り:2,390文字

/

全文:3,186文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

原田 拓(はらだたく)氏
1984 年生まれ。ランニングスクール FROG代表。国士舘大学卒。ハーフマラソン公式タイムは64 分19 秒。箱根駅伝は2度出場、実業団時代は米国の名物ロードレース・ボルダーボルダーで日本代表に。2012 年、2014 年のホノルルマラソンでは日本人1 位。指導者、講師、ゲストランナーなど、マラソンの分野で幅広く活動。

寺田佳子(てらだよしこ)氏
ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講師、ATD(タレント開発協会)会員。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)など。https://www.facebook.com/YoshikoTeradaBook