J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年09月号

Trend 4 大学発の新しいリーダーシップ教育 権限によらないリーダーシップ

2006年にスタートした立教大学のビジネス・リーダーシップ・プログラムは、文部科学省の「質の高い大学教育推進プログラム」全国トップ15に選定されるなど、高い評価を得ており、学生からの人気も高い。
同プログラムを立ち上げ、全国の大学・高校にリーダーシップ教育を広げようと取り組む日向野幹也氏が、今の時代に求められるリーダーシップと、開発方法について語る。

残り:3,377文字

/

全文:4,503文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


日向野 幹也(ひがの みきなり)氏

東京都立大学経済学部講師、助教授、教授を経て、2005 年に立教大学へ。2006 年、新設の経営学部教授となり、BLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)を立ち上げ、専攻を経済学からリーダーシップ開発にシフト。2011 年、1 年間のサバティカルで米国大学のリーダーシップ教育を実地調査。2013 年、全学向けのGLP(グローバル・リーダーシップ・プログラム)を開始。現在までBLP及びGLP主査を務める。2016 年に早稲田大学へ移り現職。日本リーダーシップ学会理事・副会長。経済学博士(東京大学)。

[取材・文]=増田忠英 [写真]=編集部