J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年09月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 目的意識と哲学から真の課題を 捉え解決する技術経営者を育成

富士通研究所は、富士通グループ16 万人と共働し、最先端テクノロジーの研究開発と、それを活用するビジネスモデルを創出し、社会に大きな変革を起こすことをミッションとしている。
人を中心とした新たな価値創造「ヒューマンセントリック・イノベーション」の実践がゴールだが、そのために必要となる研究者とは、どういった能力や資質、教養を持つ人なのか。
そうした人を育てる仕組みと共に、佐相秀幸会長に聞いた。

残り:4,802文字

/

全文:6,403文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


佐相秀幸(Hideyuki Salou)氏
富士通研究所 代表取締役会長

生年月日 1952年12月18日
出身校 東京工業大学 工学部
主な経歴
1976年4月 富士通 入社
2003年12月 モバイルフォン事業本部
先行開発統括部長
2006年4月 モバイルフォン事業本部長代理
2007年6月 経営執行役( 兼)
モバイルフォン事業本部長
2009年6月 執行役員常務( 兼)
ユビキタスプロダクト
ビジネスグループ長
2010年4月 執行役員副社長
主としてプロダクトビジネス担当
2012年4月 執行役員副社長( 兼)
マーケティング部門長
2012年6月 代表取締役副社長(兼)
マーケティング部門長(兼)
富士通研究所 取締役
2014年4月 富士通研究所
代表取締役社長 就任
2016年4月 富士通研究所
代表取締役会長 就任
現在に至る

企業プロフィール
富士通研究所
1962年富士通内に設立、1968 年に独立。
ICTに関わる先端材料、次世代素子、ネットワーク、クラウドシステムの研究開発から次世代のソリューションやサービスの創出まで、幅広い分野に取り組む。
資本金:50 億円、従業員数:約1400名

インタビュー・文/村上 敬
写真/小林 淳