J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年06月号

CASE 1 楽天 能力と役割を分割 “楽天主義に基づく行動”を重視した 世界共通の評価制度

インターネット・サービスを提供する楽天のグローバル化施策といえば、「社内公用語英語化」や「多国籍な社員が働きやすい職場づくり」の印象が強い。
だが同社では、さらに一歩踏み込んで、全社員を対象に世界共通の人事考課制度を設けている。制度導入に向けて配慮したポイントなどを、担当者に聞いた。

残り:3,092文字

/

全文:4,123文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

黒田 真二氏
グローバル人事部 人事企画課 課長

大前 友香氏
グローバル人事部 人事企画課 副課長

1997年創業。「インターネット・サービスを通じて人々と社会をエンパワーメントする」という思いの下、世界一のインターネット・サービス企業をめざし、eコマース、トラベルサービス、金融サービス、電子書籍サービスなど、さまざまな事業を手掛ける。
資本金:2035億8700万円(2015年12月31日現在)、連結従業員数:1万2981名(2015年12月31日現在)

[取材・文・写真]=田邉泰子