J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年05月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 人を強く、たくましく育てるのは 研修ではなくチャレンジという経験

都市ガスの供給をはじめ、電力の販売など、首都圏のエネルギーインフラを支える東京ガス。ガスや電気の安定供給の背景には、数々のシステムの稼働がある。そのシステム開発や管理を行うのが、東京ガスiネット(旧ティージー情報ネットワーク)である。
同社人財開発部門リーダーの工藤千温氏は、「研修だけでは人は育たない」と言い切る。入社当初はシステムエンジニアとして活躍し、システム管理現場での経験も豊富な工藤氏の発言の真意とは。同社の人財育成の方針も含め、話を聞いた。

プロフィール

東京ガスiネット
総務部 人財開発グループマネージャー
企画部 プロジェクト推進グループ※2016年2月24日取材時点
工藤千温 氏
1991年ティージー情報ネットワーク(現・東京ガスiネット)入社。システム技術部でインフラ系SE、運用サービスマネジメント業務などを経て、2002年ティージー・アイティーサービス社への出向を機に経営企画に参画。2010年にティージー情報ネットワークの総務部人財開発グループへ。2015年より現職。

東京ガスi ネット
1987年設立。東京ガスグループ各社のシステムを中心に、ITコンサルティングからシス
テムの設計・開発やネットワーク構築、維持管理・運用保守に至るまで、一貫したシステムインテグレーションを展開する。
資本金:4億円、売上高:223億3500万円(2015年3月期)、社員数:658名(2015年10月1日現在)