J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年05月号

寺田佳子のまなまな 第5回 ガーデニング研究家 はたあきひろ氏に聞く 「感性を研ぎ澄ます 自然の暮らし」

自分で農作物を作って自分で食べる「自産自消」を実践しながら、ガーデニング研究家としても活躍する「はたあきひろ」さん。
幼少期から現在に至るまで、“カン”を大切に暮らしてきたという、はたさんの学びの神髄とは。寺田さんがググっと迫ります。

残り:2,268文字

/

全文:3,024文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

寺田佳子(てらだよしこ)氏
ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講師、ATD(タレント開発協会)会員。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)など。https://www.facebook.com/YoshikoTeradaBook

はた あきひろ(畑明宏)氏
1967 年生まれ。ガーデニング研究家。樹木医。庭暮らし研究所主宰。大学卒業後、積水ハウスに入社。同社研究所で「暮らしを豊かにする生活提案」の企画・研究、設計部で街づくりや商業ビルの企画開発に従事後、独立。NHKテキスト『NHK趣味の園芸 やさいの時間』で「これなら出来そう!ひと坪はなやさいガーデン」連載中。
奈良市で家族5人分のお米と野菜をつくり自給生活を送っている。著書『現役サラリーマンの自給自足大作戦』(家の光協会)は、台湾でも発刊。

[写真]=鈴木卓也、はた氏提供