J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年05月号

人材教育 The Movie ~映画でわかる世界と人~ 第43回 『ペルセポリス』川西玲子氏 時事・映画評論家

「ペルセポリス」
2007年 フランス 監督:マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー

川西玲子(かわにし れいこ)氏
1954年生まれ、メディア・エンタメ時評。中央大学大学院法学研究科修士課程修了(政治学修士)。シンクタンク勤務後、企業や自治体などで研修講師を務めつつ、コメンテーターとして活動。著書に『映画が語る昭和史』(武田ランダムハウスジャパン)、『戦前外地の高校野球 台湾・朝鮮・満州に花開いた球児たちの夢』(彩流社)等。

『ペルセポリス』
発売元:ロングライド
販売元:ポニーキャニオン
価格:¥4700+税
DVD 発売中
マルジャン・サトラピの半自伝的マンガ『ペルセポリス』を原作にしたフランスのアニメ映画。第60 回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞。第80 回アカデミー賞外国語映画賞のフランス代表作品で、長編アニメ映画賞にノミネートされた。
©2007. 247 Films, France 3 Cinéma. All rights reserved.

2016年の1月、10年続いたイランに対する経済制裁が解除された。核開発を大幅に縮小することで、欧米諸国と合意したのである。この制裁解除を受けて、イランは積極的な経済外交を展開し、各国もこの資源大国に熱い視線を注いでいる。

1960年代以降、イランはパーレビ国王の独裁体制下で、中東有数の近代国家となり、日本との関係も良好だった。1973年には、イラン側と折半でイラン・ジャパン石油化学を設立。このプロジェクトは、1979年のホメイニ(イラン)革命でイスラム原理主義国家が誕生し、欧米との関係が悪化した後も、イラン・イラク戦争をくぐり抜けて、1981年に頓挫するまで続いた。そしてバブル期には、多くのイラン人が日本に出稼ぎにやってきた。

日本はその後も、官民一体でイランの石油開発を模索した。2004年には、世界最大級と言われるアザデガン油田の開発に着手。日産26万バーレルの生産量を見込んでいた。だがイランに核開発疑惑が持ち上がり、アメリカの強い要請で撤退せざるを得なくなった。

イランの近現代史は、石油権益を狙う欧米諸国との、駆け引きと癒着の歴史でもある。パーレビ国王は欧米諸国の支援を受けつつ、国内では独裁体制を敷いていた。世界を驚かせたホメイニ革命は、このような国の在り方に対する反発だったのである。

○1人の少女が見たイランの近現代史

こうしたイランの近現代史を、ある少女の目を通して描いたアニメが『ペルセポリス』だ。原作はフランス在住のマンガ家、マルジャン・サトラピの半自伝的マンガで、世界30カ国以上で出版され、日本でも刊行されている。

2007年に公開され、第60回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。第80回アカデミー賞外国語映画賞のフランス代表として出品され、長編アニメ映画賞の候補作にもなっている。

主人公の少女マルジは、裕福でリベラルな家庭で育ち、親戚の中にはパーレビ体制下で投獄・処刑された者もいる。だがマルジは、ブルース・リーやメタルバンドが好きで、自由奔放に生きていた。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:684文字

/

全文:1,367文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!