J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年12月号

JMAM通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 ファミリーマート さまざまな場面で社員の 成長したい意欲を引き出す

「学ぶ風土」を醸成している組織に贈られる「通信教育優秀企業賞」。
今年1社目に紹介するのはコンビニエンスストアの雄、ファミリーマートだ。
その成長を支えるのが、同社が早くから取り組んできた自己啓発を教育施策の柱と位置づけた教育制度である。
主に通信教育の活用法と、人財開発にかける思いを伺った。

残り:2,971文字

/

全文:3,961文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

杉浦 真氏 上席執行役員 管理本部 総務人事部長
永井 淳氏 管理本部 総務人事部 人財開発グループマネジャー
北澤 佐知子氏 管理本部 総務人事部 人財開発グループ

企業プロフィール:ファミリーマート
1972年、西友ストアー企画室に小型店担当を設置。1973年、第1号店を埼玉県狭山市に開店。1978年、西友ストアーファミリーマート事業部発足。1981年、西友ストアーから営業と資産の譲渡を受け、同時に商号を「(株)ファミリーマート」に変更して事業開始。その後、1998年には筆頭株主が西友から伊藤忠商事グループとなる。2010年エーエム・ピーエム・ジャパンを吸収合併、2013年には国内1万店を達成。
資本金:166億5800万円、チェーン全店売上高:1兆8601億7600万円、店舗数:1万6970店(国内外エリアフランチャイズ含む)、従業員数:3896名(以上、2015年2月末)


取材・文/井戸沼尚也 写真/井戸沼尚也、ファミリーマート提供